メールアプローチは内容に差別化が必要

テクニック・応用編

おすすめサイトだからといって電話が来るのを待っていたり自分から電話をする訳ではありません。

サイトにもよりますがモバイルのライブチャットの場合、基本のアプローチはメールになります。pin

まれに女性のほうからの電話が出来るサイトもありますがファーストコンタクトはメールの方が自然ですし相手の男性にしてもいきなり電話をもらっても状況的に難しいということがありますから即座に応答しなくても良いメールの方がおすすめです。(実際には待機中が判るので都合の良いときにしかログインしていないはずですが・・)

別にテレレでなくてもメールのやり取りは慣れていると思いますが彼氏とのメールとは違いここでは営業メールになります。

かといって通り一遍の内容では見向きもされません。

とはいえアダルトジャンルだからといってエロさ全開のメールも考え物で、その場合はわざわざチャットが繋がらなくても内容が見透かされてしまいます。

また、男性会員に聞いた話では直会いをほのめかすメールはかなり多い様ですが罪にはならないまでもまともに受け止めた男性にしてみたら「詐欺~」ということになりますね!

ポイントとしては「この娘」と話がしたいなと思わせる内容にすることで、その先につなげる要素が無くてはなりません。

ウラワザとしては出会いをほのめかす手法もその先につなげる内容なのですが逃げ道を失って本当に会わなければならなくなったら危険です。

さすがにこの部分は明かせませんが上記のような枕営業のメールでは埋もれてしまいますし食いつきもよくありません。

さらには目的の違う相手ばかりを誘ってしまう可能性もあるので気をつけてくださいね!

安全でおすすめサイトの無料登録はコチラ

コメント