反応が悪いアプローチメールの例

テクニック・応用編

稼げない、いくらメールを送っても返事が来ないと嘆く前に見直してもらいたい部分があります。

それは、あなたのメールは反応の無いパターンにはまっていませんかと言うことです。

 

一生懸命に考えたつもりでも男性からすれば目にも止まらない内容ということもあります。

では実際にあなたのメールが以下のパターンにあてはまらないか確かめてください。111221

・ありふれた内容のメール・・・実はテレレの大部分に当たる方がこのパターンのメールを送っています。(実際に懇意にしている男性会員から届いたメールを紹介してもらいました。)

おそらくはいくつかのパターンをテンプレートにしてあるのだと思いますが短文にしろ長文にしろオリジナリティに欠けているメールは印象に残りません。

誰かの真似をしていなくても客観的に読み返すことが必要です。

・手を抜きすぎる・・・おそらくは文章には自信がなく、通話に誘ってしまえば何とかなると考えているのでしょうが第一印象という意味ではメールがキモになります。

短文でもかまわないのですが短いほうが主旨を伝えるのは大変なので、程よい長さの文がおすすめです。

・うそのかたまり・・・基本的にライブチャットの女性は出会いを求めていないはずですが利用する男性会員のなかにはあわよくば直会いに持ち込めるかもと考えている場合も少なくありません。

そこを見透かしているのか「仲良くなったらデートをしましょう」とか「リアルにエッチをしましょう」のような誘い文句をうたうメールも頻繁に届くようです。

中には釣られる男性もいますが最初から出会いを期待している場合は常連客にはできません。

・くびをかしげる内容・・・男性会員の中にはプロフが全て空白のままである場合も多いのですが

普通はそれを確認してメールの内容を考えるべきなのに、空白の情報に対して「気が合いそう」とか「プロフ見てメールしました」では、もらった相手が首を傾げてしまいます。

安全でおすすめサイトの無料登録はコチラ

コメント